二酸化塩素による空間除菌の仕組み

私たちが普段過ごしているお部屋の空間には様々な菌・ウイルス・悪臭などが漂っています。
そんな空間を除菌・消臭して守ってくれるのが空間除菌剤 。
ではどのようにして空間をキレイにしているのでしょうか?
今回は、二酸化塩素による空間除菌の仕組みについてのご紹介です。

どうやって空間をキレイにするの?

下の画像をご覧ください。

①のように空気中に菌・ウイルス・悪臭など(以下、「対象物」)が浮遊しています。そこに空間除菌剤を置いて二酸化塩素を放出させます。
②は放出された二酸化塩素が対象物を見つけて反応をしている様子です。
③で対象物が二酸化塩素に触れることにより対象物を酸化することで④対象物の機能を低下させることが出来ます。

【イメージ図】

以上のような仕組みで空間をキレイにしています。
使用の際は注意事項をよくお読みの上、気になるお部屋空間の菌・ウイルス・悪臭の対策として空間除菌剤を使ってみてはいかがでしょうか?

記事一覧へ

※試験室内に設置したオキサイダー置き型180g品により、空気中と物体表面の菌・ウイルス・カビの除去効果を確認(15分後、99.99%)
※ノンエンベロープ型ウイルス、グラム陽性菌・同陰性菌、複数のカビ類で実施(Eurofins Analytical Services India Private Limited調べ)
全ての菌・ウイルス・カビ・臭気に対する効果ではありません。使用空間の環境状態により、効果は異なります。
効果試験結果はこちら