置くことで生まれる、
安心感を。

室内空間の菌・ウイルス・悪臭を除去。
部屋に置くことで、あなたとあなたの家族の暮らしを守ります。

オキサイダー 置き型(320g)

オキサイダー
置き型(320g)

20畳まで約3ヶ月

¥2,750(税込)

防疫製品等推奨マーク
オキサイダー 置き型(180g)

オキサイダー
置き型(180g)

13畳まで約3ヶ月

¥1,980(税込)

防疫製品等推奨マーク
オキサイダー 置き型(90g)

オキサイダー
置き型(90g)

8畳まで約2ヶ月

¥1,100(税込)

防疫製品等推奨マーク
試験室内に設置したオキサイダー置き型180g品により、空気中と物体表面の菌・ウイルス・カビの除去効果を確認
ノンエンベロープ型ウイルス、グラム陽性菌・同陰性菌、複数のカビ類で実施(Eurofins Analytical Services India Private Limited調べ)
全ての菌・ウイルス・カビ・臭気に対する効果ではありません。使用空間の環境状態により、効果は異なります。

使用期限:未開封3年/高温・多湿を避けて保管

特許二酸化塩素空間除菌剤(特許第6366802号/6433007号)

おすすめの使用場所

リビング
  • リビング
  • 寝室
  • 子供部屋
  • 玄関
  • トイレ・浴室
  • オフィス内
  • 介護施設など

空気清浄機との
違いは?

空気清浄機は取り込んだ空気をキレイにします。
対して、「OXIDER (オキサイダー)」は成分が広がっていき、空間内全体の空気をキレイにしていきます。

空気清浄機との違いは?

使用方法

1
1
容器のキャップを外し、上蓋部を切り抜いてロートを組み立て、容器に差し込み、添付の粉剤をボトルに全量投入してください。
2
2

※上下に振らないで下さい

粉材投入後、再度キャップを閉めて、5−6回、容器を水平に回し振ってください。
上下に振らない理由は?
上下に振ると、固まった内容物が開口部に付着して、キャップを開けた際に漏れの原因となります。
振らなかったらどうなる?
粉剤の成分が底に沈殿し、効果が出るまで時間を要します。1~2日程度で振った場合と同じよう成分が放出されます。
3
3
キャップをゆるめて、目的の場所に静置してください。すぐに成分の放出がはじまり、約10分でゲル状に固まります。
おすすめの置き場所は?
二酸化塩素は空気より重いため、高い場所に置くことをおすすめします。ただし低い場所に置いても人の流れや空調により、空間全体に広がります。

注意事項

  • 本製品は飲料ではありません。誤飲誤食に注意してください。
  • 成分臭は刺激があるため、鼻先で直接吸引しないでください。
  • 子供の手の届かないところに保管、設置してください。
  • 粉剤投入後は、キャップを密栓しないでください。
  • 冷暗所で保管し、高温下及び直射日光の当たるところで使用しないでください。
  • 室内で成分臭を感じる状態で使用しないでください。成分臭を感じる場合はキャップを「少なく」の方に回して、換気してください。
  • 金属類を腐食させる恐れがあるので間近に置かないでください。
  • 漂白作用があるので、色物の繊維の間近に置かないでください。万一、こぼしたときは速やかに水濡れ布等で拭いて成分を除去してください。
  • 狭い密閉空間(車内、冷蔵庫等)では使用しないでください。
  • 動物、植物の間近では使用しないでください。
  • 本製品を用途以外の目的で使用しないでください。
  • 使用を開始しない場合は、粉剤を投入せずに保管してください。
  • 内容物が目に入った時は、すぐに大量の水で洗い流す。万一、異常があれば医師に相談してください。
  • 内容物を飲み込んだ時は、吐かせず、すぐに口をすすいだ後、水か牛乳を飲ませ、早急に医師に相談してください。
  • 内容物が皮膚についた時は、すぐに水で洗い流してください。
  • 内容物がこぼれた時はすぐに水濡れ布等で拭き取ってください。

成分の有効性と調整機能

効果メーター

効果メーター

容器背面の「効果メーター」と内容物の色を比較することで適宜、内容物の有効性をご確認いただけます。尚、内容物の色が最下段の色まで薄くなったら、新品とお取り替えください。

放出量調整キャップ

放出量調整キャップ

キャップの隙間から成分が放出されます。
外れない程度に緩めてご使用ください。

室内で成分臭を感じたら、キャップを少なくのほうに回すことができ、放出量を減らすことができます。

成分臭を感じない程度でご使用ください。

放出量調整キャップの目安

放出量調整キャップの目安

キャップの隙間から成分が放出されます。
外れない程度に緩く締めてご使用ください。

  • 室内で成分臭を感じたらキャップを「少なく」の方に回すことで、放出量を減らすことができます。
  • 成分臭が感じない程度でご使用ください。
  • 悪臭が残る等、効果が低いと感じる場合は、キャップを「多く」の方に回して、成分の放出量を増やしてください。

Q&A

  • 成分について
    • Q1
      オキサイダーと「次亜塩素酸水」や「次亜塩素酸ナトリウム」は同じものですか?

      オキサイダーの有効成分は二酸化塩素のため別物質です。
      二酸化塩素は安全性と除菌力が高いガスとして水に多量に溶け込むため、空間除菌ゲル剤等、揮散ガスとしての利用も、物体除菌液剤等、液体としての利用もできる極めて優れた非塩素系の物質です。塩を電気分解して「次亜塩素酸ナトリウム」を製造し、この塩素弊害を除去するためコストをかけて化学反応的に二酸化塩素に変換することで製造されています。二酸化塩素ガスをアルカリ溶液に溶かして亜塩素酸イオンとして安定化させたものが安定化二酸化塩素とも呼ばれる無色透明・無臭の亜塩素酸ナトリウム溶液のことで、この時点で二酸化塩素としての効力は消失しており、この状態で使用しても二酸化塩素本来の効果は示しません。そこでこの溶液を効果のある状態で使用するためには、使用時に酸を加えて溶液中に再び二酸化塩素ガスを発生させ、黄色で二酸化塩素の成分臭がある状態にする必要があります。「次亜塩素酸水」(化学式 HOCl)は、塩酸又は塩化ナトリウムの電気分解で作られる酸性の液体で、食品添加物として食品の殺菌剤として使用されています。電解酸性水とも呼ばれています。次亜塩素酸は安定性が低いため、使用期限の確認が必要です。また、食品添加物以外に物の除菌剤として市販されている日用雑貨品もあり、有効成分の濃度や使用期限の確認が必要です。「次亜塩素酸ナトリウム」(化学式 NaClO)は塩素系漂白剤などの主成分として用いられる、アルカリ性の物質で、希釈して様々なウイルス、菌の物体消毒に使われていますが、同時に有害な有機塩素化合物を副生成するため、産業界では塩素弊害が無く効果の高い二酸化塩素への転換が大きく進んでいます。次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは、安全性と効果が不確実であることから、空間噴霧は行わないこととなっています。

    • Q2
      液剤に白い浮遊物や沈殿物が発生する場合?

      成分の一部ですので、効果・品質に問題はございません。

  • もしもの場合の対処
    • Q1
      内容物が皮膚についてしまいました。どうしたらいいですか?

      すぐに大量の水で洗い流してください。万一、異常があれば医師に相談してください。

    • Q2
      内容物が目に入ってしまいました。どうしたらいいですか?

      すぐに大量の水で洗い流してください。万一、異常があれば医師に相談してください。

    • Q3
      誤って内容物を口に入れたり、飲みこんだりしました。どうしたらいいですか?

      吐かせず、口をすすいだ後、水か牛乳を飲ませ、早急に医師に相談してください。

  • 保管・お買い求め方法
    • Q1
      どのように保管すればいいですか?

      高温、直射日光を避け、幼児の手の届かないところに保管してください。

    • Q2
      未開封ならどれくらいの期間保存できますか?

      未開封、冷暗所保管で3年程度保存可能ですが、早めにご使用ください。

    • Q3
      どこで購入できますか?

      ドラッグストア、薬局・薬店、美容院、ECサイトなどでお買い求めいただけます。

  • その他のご質問
    • Q1
      一部の通販サイトやSNSなどで、「新型コロナウイルス対策」として二酸化塩素製品があげられていますが、本当に効果があるのですか?

      オキサイダーの主成分二酸化塩素は、幅広いウイルス・菌に対する有効性が確認されていますが、オキサイダーは日用雑貨品のため、法律上、特定ウイルス・菌、疾病等に対する効果・予防等を謳うことはできません。

    • Q2
      航空機への持ち込みはできますか?

      航空機への持ち込みはできません(機内持ち込み、お預かり共)。

    • Q3
      郵送できますか?

      郵送可能です。まれに成分である亜塩素酸塩溶液を理由として、郵送可能か質問されることがありますが、本成分の濃度が25%を超えている場合に、危険物となり、郵送不可ですが、オキサイダーは25%以下であり、郵送可能です。

    • Q4
      ペットが吸い込んでも安全でしょうか?

      通常の使用をしている限り安全と考えられます。各国機関が公表している吸入毒性の根拠は、通常のペットより小さくて弱いラットやマウスで行われている論文の数値を元に決定されています。実験では、基準を大幅に上回る高濃度を吸わせた場合の安全性が検証されています。しかしながら、ペットの間近には置かないようにしてください。

    • Q5
      空気清浄機と併用してもいいですか?

      併用可能です。空気清浄機は空間中にある塵やホコリを吸い込んで、フィルターでろ過して、きれいな空気を出すことで空間をキレイにします。一方、オキサイダーは、有効成分である二酸化塩素が自ら空間内に揮発していき、空間内で作用することで空間内の菌やウイルスを除去します。塵やホコリなど物理的なものを含めてキャッチして機械内できれいにする空気清浄機と空間内で化学的に作用するオキサイダーは、役割が違うため併用可能です。ただし、設置の際は間近に置かないでください。よろしければ弊社HPの記事もご覧ください。

二酸化塩素について

二酸化塩素の正しい知識と使い方

試験室内に設置したオキサイダー置き型180g品により、空気中と物体表面の菌・ウイルス・カビの除去効果を確認
ノンエンベロープ型ウイルス、グラム陽性菌・同陰性菌、複数のカビ類で実施(Eurofins Analytical Services India Private Limited調べ)
全ての菌・ウイルス・カビ・臭気に対する効果ではありません。使用空間の環境状態により、効果は異なります。

効果試験結果はこちら