特許技術が実現した
これまでにない
「即時性」「快適性」「持続性」

独自の特許技術により、
3つの技術的特徴があります。
(特許第6366802号、6433007号)

1すぐに使える

粉剤投入後、瞬時に有効な濃度に到達します。通常、有効な濃度になるまで数時間かかりますが、瞬時に有効濃度となることで、より早く効果を感じやすくなりました。

1匂いがきつくなりにくい

粉剤投入後、すぐに有効な濃度に到達しますが、その後は従来技術に比べて濃度が急上昇することがないため、使用開始数日間の強い成分臭を感じにくく、より快適に使用いただけます。

1長く使える

使用開始時の濃度制御により二酸化塩素を浪費していないため、有効な濃度で使用できる期間が長期化しました。

<オキサイダー技術とは>

特許技術(特許第6366802号、6433007号)を用いた二酸化塩素ガスの発生速度及び発生濃度を制御するCLO2 Lab独自の技術またはCLO2 Lab社独自のノウハウ

<OXIDER X-Tech:オキサイダー クロステックとは>

オキサイダー技術を使用した商品及び第三者と共同で開発された商品の掲載される証。 CLO2 Lab独自の技術を使用し、新商品を開発することで既存商品との差別化を図ることを目的とする。

外部機関による様々な実験で実証された
確かな効果

  • 抗ウイルス試験 (置き型)

    実験方法

    試験室内に設置したオキサイダー置き型180g品により、空気中と物体表面の菌・ウイルス・カビの除去効果を測定した。

    ※ノンエンベロープ型ウイルス、グラム陽性菌・同陰性菌、複数のカビ類で実施(Eurofins Analytical Services India Private Limited調べ)

    結果

    15分間で99.99%の菌・ウイルス・カビの除去が確認された。

    実験方法

    密閉空間内で、超低濃度溶液から放散される微量の二酸化塩素ガスによる飛沫を想定した液中ウイルスへの除去効果を測定した。

    ※エンベロープ型ウイルスで実施(信州セラミックス調べ)

    結果

    24時間で99.99%のウイルス の除去が確認された。

  • 消臭試験(置き型)

    実験方法

    48時間室温放置した検体をにおい袋に入れ、ヒートシールを施した後、空気9Lを封入し、設定したガス濃度となるように試験対象ガスを添加した。これを静置し、経過時間ごとに袋内ガス濃度をガス検知管を用いて測定した。また検体を入れずに同様な操作も実施した。

    (日本食品分析センター調べ)​

    結果

    実験したすべての悪臭物質において二酸化塩素ガスによる消臭効果が立証された。

  • 抗ウイルス試験(スプレー)

    実験方法

                                                       

    試験試料に試験ウイルス液を混合し、各試験所定時間作用させ、細胞を用いたプラークアッセイ法による減少ウイルス数を測定した。
    ※エンベロープ型及びノンエンべロープ型ウイルスで実施(信州セラミックス調べ)

    結果

    作用直後(数秒)~15秒で約99.99%以上の除去率であることが立証された。

    全ての菌に対する効果ではありません。使用環境により効果は異なります。

  • 抗菌・抗カビ試験(スプレー)

    実験方法

    試験試料に試験菌液を接種混合し、各試験所定時間作用させ、試験菌の生菌数を測定した。
    ※グラム陽性菌・同陰性菌、芽胞菌、カビで実施(大阪食品衛生協会調べ)
    全ての菌に対する効果ではありません。使用環境により効果は異なります。

    結果

    細菌はわずか15秒で99.999%以上、カビは30秒で、芽胞菌は2分で99.99%以上の除去率であることが立証された。